自由度も大きい!?少人数で行う結婚式の利点とは

段取りや予約が大変楽に

ごく身近な親族や友人・知人しか呼ばないごく小規模の結婚式。この様な式を挙げる上での大きな利点として、施設の予約が大変楽な上、複雑な段取りに心を配る必要が無いという点が挙げられるでしょう。ごく少人数であれば比較的狭い会場から式場の候補に入ってくる為選択肢が大変豊富。日取りが急であっても空いた式場に上手く潜り込める可能性が高いのです。また来客への交通や案内といった対応も最小限で済み、トラブルが起きた際の対応も迅速に行えるのです。

2人の門出を心から祝ってもらえる

ごく少人数の結婚式に呼ばれるのは式を挙げる2人とも大変親交の深い親族や友人・知人に限られますから、少なくとも嫌々式に参加する要素が一切存在しないのが嬉しいところ。参加者全員の顔が身近に眺められるアットホームな式の元、全員より心から祝ってもらえるのです。最近こうしたアットホームな式が人気を集めているのは、特別意識していなくとも深い心の繋がりや絆を求める今時の人間の心理を反映しているのかも知れませんね。

圧倒的に費用を安く抑えられる

そしてごく少人数で結婚式を挙げる最大のメリットでもある、費用の安さを挙げない訳にはいかないでしょう。会場の規模や料理の数量を始め、コストが掛かりそうな要素を大きく絞り込む事によって、式全体の費用を抑える事が可能となる訳です。また来客が少人数であれば引き出物も来客ごとの嗜好に合わせてチョイス出来る可能性もあり、より思い出に強く残る式にする事も出来るでしょう。式の自由度が大きい分、そのスケジュール進行にも十分工夫したいところですよね。

最近はコストを抑えた結婚式が増えています。そこで、招待客でもめることもない、結婚式なら親族のみで行うことをおすすめします。