結婚相談所は3パターン!違いを知って自分に合うところを見つけよう

真剣な会員が多い仲人型

結婚相談所のなかでも、専門のアドバイザーが相談にのってアドバイスをしてくれるのが仲人型の結婚相談所です。会員同士が会う機会をセッティングしてくれたり、実際に会員同士が顔を合わせた後のフォローをしてくれたりと、サポートが最も手厚いと言えるでしょう。また、会費もかかるため、入会している会員は本気で結婚相手を探している人ばかりで安心です。会員のデータをもとにアドバイザーが条件に見合う人を紹介して面倒を見てくれるので、自分ではアプローチするのが苦手という人には、特に向いているでしょう。

情報を提供してくれるデータマッチング型

データマッチング型の結婚相談所では、インターネットを介して情報を提供してくれるシステムです。自分のプロフィールおよび、求めている相手の条件を登録し、検索することでコンピュータが条件にマッチする相手を見つけてくれます。気になる相手が見つかれば、相談所を通して連絡をとることができ、良い返事を受け取ることができれば詳しい情報も送ってもらえます。仲人型と比較すると、アドバイザーが間に入ることがない分、自分で手続きや積極的なアプローチをすることが必要となります。

気軽に入会しやすいインターネット型

3パターンあるうち、最も費用が低価格で入会しやすいのがインターネット型の結婚相談所です。データマッチング型と似ているところがありますが、インターネット型は自分で相手を検索、面会を申し込むことができるサービスです。インターネット環境があれば、いつどこでも結婚相手を探せるというメリットはありますが、積極的なアピール、行動力がなくては難しいでしょう。また、入会すれば誰とでもメールのやりとりが可能という気軽さから、万が一のトラブルに備えてある程度は自己防衛が必要となります。

結婚相談所の利用を検討しているなら、利用者が多い相談所がおすすめです。関西で利用者が多い結婚相談所なら大阪の結婚相談所がおすすめだと言えます。